不妊症研修・山東省中医薬大学

こんにちわ

11月19日・20日の二日間・中国 山東省中医薬大学・さんとうしょうちゅういやくだいがくに

おいて、研修を受けてまいりました。

この大学の高度生殖医療センターでは、西洋医学と中国医学の合体での、体外受精をするセンターです。

世界でも、ここだけです。

例えば、体外受精のための採卵周期には、西洋医学のおくすり・排卵誘発剤や、HMGの注射を使用しますが、その副作用の軽減に、このセンターは、患者さんに中成薬を服用してもらったり、

卵管造影検査時には、子宮から卵管へと中成薬の膣からの注射をして、卵管癒着にたいして、活血という中医学の治療します。

すばらしい考え方で、

まさに、わたしが、学んでいるものそのものでした。

ドクターも、平均30才とたいへん若く、また、希望をもってお話される目は輝いており、研究熱心さには、胸が熱くなるおもいでした。

体外受精にチャレンジする前には、カップルの体づくりは大切と力説されていました。

有意義な研修でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)