« 不妊症研修・山東省中医薬大学 | トップページ | おめでとうございます »

多嚢胞卵巣症候群

こんにちわ

週末はいかが過ごされましたか?

土曜日の夜に、ワインバーへ立ち寄ってみました。

おひとりさまがゆったりと過ごせるすてきなワインバーでした。

わたしは、足利市のココファームのワインが好きです。

冬のまろやかな陽射しのしたで、ちょっと、寒いながらもいただくワインは最高ですが、

夜に静かにいただく赤ワインは宝石の輝きがありますね。

さて、中国でも多嚢胞性卵巣が増えてきています。

中国は特に多いそうですが、この原因はいまだはっきりとはいえません。

食事・環境・ストレスが絡み合ってのようですね。

とくに、初潮前後の食事は、大きく関与しているようです。

毛深い・肥満は血液中に男性ホルモンが多くなる傾向です。

また、痩せている女性でも、声が低い・毛深い・きりっとした美人にも、多いです。

ギリシャ時代から中性的な顔立ちは美しい人が多いですが、

この病気で悩む方は、きりっとした背の高く美しい方が多いと店頭でかんじています。

話はそれましたが、

中国の先生も先ずは、半年以上かけて、月経を、順調にしないと、体外受精にチャレンジしても、成功率は低いとお話されていました。

生殖パワーのアップ・女性ホルモンのアップと、活血が大切です。

血の流れをよくすることは、卵巣に栄養を与えるとフォローをするとともに、

テストステロンや湿濁を卵巣から排泄することが目的です。

さきほど、1月末にお生まれになる方がお見えになりました。

あと、一ヶ月ほど、ご無事にご出産されますことをお祈りしております。

|

« 不妊症研修・山東省中医薬大学 | トップページ | おめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181872/47019096

この記事へのトラックバック一覧です: 多嚢胞卵巣症候群:

« 不妊症研修・山東省中医薬大学 | トップページ | おめでとうございます »