« ゆきちゃんがあそびにきてくれました | トップページ | 多嚢胞性卵巣症候群とダイエット »

多嚢胞性卵巣症候群

こんにちわ

梅雨に晴れ間の一日でしょうか

先週は、多嚢胞性卵巣症候群の方が、3人ご相談におみえになりました。

PCOSは、近頃多くきかれる言葉です。

排卵障害のなかでも、多くみられるものです。

普通なら主席卵胞が、生理7日目あたりから成長し,その卵胞を育てるために、他の卵胞は、消えていきますが、

多嚢胞のかたは消えずに、卵巣にのこり、ネックレスラインといわれるように、いくつも、みえます。

排卵誘発剤を服薬して、排卵させることが不妊治療の第一歩ですが、これには、多胎のリスクもおおきくなります。

多嚢胞は、、肥満との関係が深いものです。

しかし、わたしも、痩せた方の多嚢胞も、経験があります。

肥満タイプと非肥満タイプに区別すると、

アメリカでは、30%以上が、肥満タイプだそうです。

この場合の肥満はBMIが、30以上の設定です。

日本人の多嚢胞で、BMIが25以上と設定すると、。3分の1が、肥満で、3分の2が、非肥満になります。

いいかえれば、排卵障害・生理不順のの3分の1は、ダイエット療法が大切であるといえます。

カロリー制限+有酸素運動がたいせつです。

内臓脂肪が過剰のタイプが多いからです。

クロミッドの副作用を軽減させるためにも、食事と運動をかんがえてみましょう。

私どもは、体組成計で、内臓脂肪を簡単にチェックできます。

内臓脂肪が気になる方、お気軽に、お声をかけてくださいね

|

« ゆきちゃんがあそびにきてくれました | トップページ | 多嚢胞性卵巣症候群とダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181872/41490305

この記事へのトラックバック一覧です: 多嚢胞性卵巣症候群:

« ゆきちゃんがあそびにきてくれました | トップページ | 多嚢胞性卵巣症候群とダイエット »