« 2008年6月20日 | トップページ | 2009年12月10日 »

子宮内膜と血流

子宮内膜の厚さが薄い場合、子宮内膜の血行が何かの、影響をあたえているのではと

いわれています。

内膜が6㎜未満のご妊娠は難しいのですが、4㎜のかたのご妊娠報告もあります。

4㎜の方がご妊娠されて、8㎜の方がご妊娠できなかった。

それには、卵子・精子の問題もあるでしょうが、子宮内膜に関していうと、

薄さよりも、その状態も大切です。

薄い内膜は、血流がすくない、ならば、アスピリンやバイアグラで血流を高める

しかし根本的な解決にはならないのです。

厚くすれば、着床するものでもないのです。

ここは、中医学の考えが生かされるとおもいました.

補腎・活血が中心でしょう。

そして、子宮内膜が薄くなる予防は、子宮内容掻爬術の改善にあります。

完全な除去をもとめると、時には、子宮内膜の基底層まで、掻爬してしまうことがあるようです。

子供が欲しいとと言う希望がある場合、

このオペをうける際に、将来的にどんな影響がでてくるのか、

うける立場も認識する必要はあるとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月20日 | トップページ | 2009年12月10日 »