« 2008年5月26日 | トップページ | 2008年6月4日 »

卵管切除術

こんにちわ

肌寒い一日です。

梅雨入りまえですね。

コメントをいただいた卵管切除についてお話しします。

体外受精の不成功の原因のひとつに、卵管留水腫が、あります。

体外受精時に、留水腫が、子宮に流れ込み、着床を妨げるというのです。

卵管留水腫を放置していますと、炎症が再び起こったり、付属器が、同様に、炎症を起こす場合があります。

その場合、卵管切除をかんがえるようです。

この場合、卵巣に影響を与えないように、卵管のみを  切除することが、テクニックです。

受精というと、子宮をまず、イメージしますが、

精子と卵子がであうのは、卵管です。

そして、子宮へと、たどり着くのです。

卵管に炎症物質などの、余計な物があると、お互いを認識しあうことがむずかしくなります。

めがねが雲っているとご想像ください。

お互いが、認識あうパワーをつけることも大切です。

パワーを高める=免疫を正常にすること です。

この分野は、中医学の得意とするところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月26日 | トップページ | 2008年6月4日 »