« 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月29日 »

恥ずかしいから、大切な生理現象へ

短大生の月経に関する調査があります。

小学生からいままで、月経にかんして、イメージがどのように変化していったかを調査しています。

初めて月経になったころは、

はずかしい・人には知られたくないと、同じ割合で、うれしいともかんじています。

高校生のころは、

大切な生理現象・お母さんになるための準備とも、感じていますが、

反面に、

女の子は損・女の子だけにあるのは、矛盾とかんがえます。

月経の不快感を感じてきて、また、受験・部活などで月経の面倒さも感じる年代だと思います。

この時期から、女性の不利さを感じて、心の葛藤が始まるようです。

短大生になると、月経の対処法が、理解できるころです。

また、反面、月経に悩む女の子と、平気な女の子が別れてきます。

月経に悩む女の子は、その後子宮内膜症に進んだり、また、月経前に落ち込んだりすることから、メンタル的に悩んだりするようにも、なります。

母親が、同性として、よいアドバイスができると、女の子の人生も、イイ方向へすすんでいくとおもいますが、

残念なことに、月経痛に悩み、将来の出産に不安を覚えて、結婚・出産をためらった

と、いう、お話をわたしは、ご本人から、きいたことがありました。

情報があふれている今の時代ですが、本当の相談ができない若い世代が増えてきていることが、残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンに行ってきました。

元の防衛庁跡の開発地域です。

ここは、赤坂9丁目

千代田線乃木坂駅です。

乃木坂は、その名の通り、明治時代の陸軍大将乃木将軍のお屋敷があったところです。

西洋風のお屋敷は、以前は、見学が可能でしたが、いまは、外からのぞくことができます。

9月のご夫妻のご命日には、山口県人会の方々がお集まりになっておられました。

安部元総理のお母様や、故佐藤寛子さんもお見受けしたことがありました。

麻布の連隊に近い場所だったのでしょうか、赤坂9丁目は、陸軍の大将さんの大きな

お屋敷が、30年前くらいまで、ありました。

それは、りっぱなものでした。

お葬式も、ごりっぱでした。

歴史の世界の人物が、ここに住んでいたのかと、びっくりしました。

代替わりしていく、お屋敷は、だんだん、マンションにと、変わりました。

檜町小学校も、廃校となり、

赤坂図書館は、保育園に変わりました。

しかし、9丁目周辺は、静かないいところです。

乃木坂のお店は、日曜日は、お休みのところが多かったのですが、

ミッドタウンができて、日曜日に訪れる楽しみができました。

日曜日は、混んでいるでしょうが、、、

ミッドタウンからみた9丁目の景色は、ビルが増えたとはいえ、昔と変わらずに

落ち着いた街でした。

この時期に、表参道・原宿まで、あるくのは、楽しいです。

オススメコースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月29日 »