« 2007年11月21日 | トップページ | 2007年11月24日 »

周経期症候群

こんにちわ

風が冷たいでーーす。

北の空が夕方になると、鉛色になりました。

冬の到来です。

周経期症候群 とは、月経前期から月経期にかけて起こり、月経中に、最も強くなる精神的、社会的症状で月経痛症に起因する症状であると、定義されてます。

症状としては、イライラ・無気力・不安感・憂うつというメンタル的な症状で、おひとりさまの

行動を、好み、月経が嫌になるというものです。

症状だけでは、月経前症候群と、区別がつきづらいようです。

ポイントは、月経痛の存在です。

この時期に、おさかなや、オリーブオイルなどを、食べて、ガンマーリノレン酸を、とると、

落ち込みや、イライラ、憂うつは、かいぜんされるようです。

と、いうか、

偏食や、食事を、きちんととっていない女性にこの症状がでやすいのではと、患者さんと、お話しているとかんじます。

これは、ウツのかた、男性にもおなじです。

何事も、食ですね。

食事はほんとうに、大切です。

たのしく、いただくことは、もっと、すてきなことを、あなたにはこんでくれますよ。

3連休です。

楽しいお食事をしてくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月21日 | トップページ | 2007年11月24日 »