« 2007年11月19日 | トップページ | 2007年11月21日 »

月経前症候群

こんにちわ

昨日よりは、暖かい日です。

インフルエンザがはやっています。

予防に、バンラン茶をお飲みになることを、私どもではおすすめしています。

11月は、予防月間として、店頭で、サンプルをお配りしています。

帰宅後、バンラン茶を溶かしたぬるま湯で、ごろごろと、うがいをして飲み込みます。

飲み込んだ後は、15分ぐらい、飲んだり食べたりしないのが効かせるコツ。

のどについたインフルエンザのウィルスを、バンラン茶が、殺してくれます。

土曜日の夕方、なんだか、おかしいなぁと、おもったので、

即、バンラン茶+瑞芝+コンクレバンゴールドを飲みました

効きましたよ

おかしいなぁと感じたときに、免疫を活性化するものと、抗ウィルス作用のものを服用すると、

ホントによく効きます。

今年のインフルエンザは、高熱が、特徴とのこと。

おかしいなぁと思ったときに、対処するのが、コツです。

月経前の7~10日頃に、浮腫・てんかん・喘息や精神症状が周期的に起き、月経開始と共に、なくなることを、月経前緊張症として、報告されたことが、最初といわれています。

月経前症候群として、リストアップされた症状は、150もあるそうです。

家庭生活や職場などの社会生活にも、おおきな影響をあたえるものです。

これは、女性の社会進出との関係が深いでしょう。

さて、いま、かいている時に

まさに、その症状のご相談の30代の女性が起こしになりました。

生理になる10日まえから、イライラと落ち込みがひどいそうです。

冷えもあります。

ホルモンバランスが、くずれて、セロトニンの分泌が低下することが、症状を悪化させます。

まず、いつも、飲んでいただいているコンクレバンを、お湯割りにして、星火逍遙丸・せいかしょうようがんを、飲んでいただくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月19日 | トップページ | 2007年11月21日 »