« 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月8日 »

女の38度線

このタイトルで、ある雑誌が、特集を組んだそうです。

女の38才

考えどころです。

仕事・結婚・出産の悩みどころです。

36才での、赤ちゃんご希望のご相談のなかには、仕事が充実して、子どもがいなくても

という、お言葉がみえます。

38才になると、ご相談に見えてくださるときは、最後のチャンスかもしれないとのお言葉も

あります。

クリニックの不妊治療も35才から増え始め、二度目の山が、38,39才です。

講義を聴いていて、確かにと、納得しました。

女性はそのころ、子どもがいても、いなくても、もうひとり、産もうかなと、悩むところです。

38才でのご相談は、深刻になっていくのも、経験しています。

もし、悩んでいる方は、不妊カウンセラーにご相談してみることも、ひとつです。

話しているうちに、自分の真の気持ち・考えに気づくかもしれません。

子どもを持ちたいと願うこと=女性らしさ、夫への愛情では、ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月8日 »