« 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月10日 »

子宮内膜症のホルモン療法

こんにちわ

群馬太田は、入学式でした。

さくらも、歓迎してくれました。

わたしが、中医不妊学を学び始めた頃にお生まれになられたお子様が、今年、ご入学となります。

おめでとうございます。

さて、前回の子宮内膜症の西洋医学的ホルモン療法の続きです。

ダナゾール法

この療法は、男性ホルモンを増加させて、女性ホルモンの力を押さえて、内膜症の症状を抑える方法です。

一日に1~2回の錠剤を飲みます。

試用期間は、4~6ヶ月

視床下部や、下垂体に作用して、エストロゲンの分泌を抑制します。

子宮内膜症の病巣に直接作用して、病巣を萎縮させます。

副作用は、血栓症・肝機能障害。体重増加・声の低音化です。

副作用の強く出る方には、向きません。

費用は、中程度

偽妊娠療法:中用量ピル

1日一回、錠剤を飲みます。

下垂体に作用してエストロゲンの分泌を抑制する。

血栓症、吐き気 頭痛 体重増加 乳房の張り

費用は安いです。

血栓症を発症することがあり、吐き気などの副作用があります。

偽妊娠療法:低用量ピル

1日、1回錠剤を飲みます。

副作用は中ピル療法と同じですが、用量が少ない分副作用も弱いです。

健康保険がきかないので、自己負担になりますが、費用は安いです。

中用量ピルの難点である血栓症の発症率がかなり抑えられる

しかし、ホルモン療法は、婦人科系のガンのリスクはたかくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月10日 »