« 不妊カウンセラーを志した理由 | トップページ | 不妊カウンセラー+薬剤師にご相談ください その2 »

不妊カウンセラー+薬剤師の薬局でご相談して下さい

不妊カウンセラーの資格を持つ薬剤師にご相談してください。

そのメリットを、お話しします。

私は、漢方を中心とした相談薬局の薬剤師です。http://homepage2.nifty.com/seikandou/

お薬・ご健康のことは、薬剤師にご相談していただくことが、ベストです。

処方箋も扱う保険・基準薬局でも、ありますが、特別に関係のあるクリニックを、もちません。

ですから、あなたのいま、のんでおられるお薬のことを、公平に、おはなしできます。

クリニックとの提携がある、薬局薬剤師では難しい面もあります。

以前、生理が来ない25才の方が、毎月、婦人科クリニックで、排卵誘発剤を、長期にわたり、渡されて、服用されていました。

2,3ヶ月、生理がこないので、ご相談されての排卵誘発剤の処方でした。

一回目の処方は、正しい処方のひとつです。

しかし、排卵誘発剤を、半年以上服用すると、子宮頚管粘液という、排卵期に、精子をとりこむ大切な粘液が、減ります。

そうなると、高温期に厚くなるべき、子宮内膜が、育ちません。

つまり、ご妊娠しづらくなります。

シングルのときは、生理がくることが、大切で、ただ、毎月排卵誘発剤を、もらっていたのですが、

ご結婚されることがきまったころに、ご相談にみえて、

排卵誘発剤のデメリットを、しらなかったと、驚かれました。

私のような中立な立場の薬剤師は、そのデメリットも、おはなしできます。

また、子宮内膜がうすい  という治療法は、漢方薬剤師の得意な分野です。

不妊カウンセラー+薬剤師には、薬のメリット、デメリットが、ご説明できる技術があります。

また、お時間をゆっくりお取りでき、お話できます。

お話しているプロセスの、なかで、ご夫婦・ご自分の方向性が見えてきましたら、

うれしいです。

このプロセスが、大切なのです。

あくまでも、ご決定されるのは、ご夫婦です。

私は、そのお手伝いがしたいのです。

大切なことは、

おふたりあっての、人生であることです。

そのことが、赤ちゃんを授かることでは、無いケースも

わたしは、たちあってきました。

多くのご夫婦に、幸せにあるいていただきい

それが、私の願いであり、不妊カウンセラーを、志したおおきな理由です。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

|

« 不妊カウンセラーを志した理由 | トップページ | 不妊カウンセラー+薬剤師にご相談ください その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181872/14350512

この記事へのトラックバック一覧です: 不妊カウンセラー+薬剤師の薬局でご相談して下さい:

« 不妊カウンセラーを志した理由 | トップページ | 不妊カウンセラー+薬剤師にご相談ください その2 »