« 2007年3月23日 | トップページ | 2007年3月29日 »

不妊カウンセラーにもとめられること

こんにちわ

今日は、お寒い日です。

サクラのつぼみも、びっくりしているのでは、ありませんか?

不妊カウンセリングでは、大切なことは、お二人の自立的決定を、スムーズにできるように、サポートすることです。

いつも、申しますように、未妊は、病気では、ありません。

ですから、すべてにおいて、お二人の考えが、優先されます。

未妊に、なやむカップルには、検査法・治療法・今後の見通しを含めたお話を

させていただきます。

みなさん、赤ちゃんを望みながら、未だ、妊娠に至らない事からくる、不安・周囲からの

ストレス・ご夫婦間の意志の疎通など、目にみえない障害がうまれてきます。

その心のケアの対応が、不妊カウンセラーの仕事でもあります。

多くのカップルは、お互いの理解を深めながら、多くのストレスを乗り越えて、適切に対応されています。

しかし、未妊がご夫婦間の意志の疎通や性生活までにも好ましくない影響を与えることも

あります。

このような心理的側面をサポートしていくのが、不妊カウンセラーに求められることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月23日 | トップページ | 2007年3月29日 »