« 2007年3月13日 | トップページ | 2007年3月16日 »

お二人 ご妊娠 おめでとうございます。

わたしも、少し、コーフン気味です。

きょうは、お二人のご妊娠のうれしい報告です。

お一人目は、第3子ご妊娠 31才。

3人目ご希望とは、うれしいし、頼もしいのひとことでした。

お二人のお子様の育児・ご主人の仕事のパートナーとして、

充実した日々を、過ごしておられますが、

疲れやすい・腰痛・冷えをうったえられていました

忙しいので、簡単に、飲めるもの。

周期 生理期・低温期・排卵期・高温期に分けないものを、との

事でしたので

疲れ・冷えをポイントにした、補腎・ほじん 生命力パワーアップのもの

一種類に、しました。

お飲みになって、2ヶ月足らずで、ご妊娠。

9月下旬に ご出産とのご報告に、ご来店くださいました。

おめでとうございます。

うれしいです。

あがたさんの子授け人形に、お礼と、無事 ご出産されますことを

祈願いたしました。

そして、さきほどの、お電話。

「妊娠判断薬で、陽性がでたんです。」

「これって、妊娠ですよね」

「いま、テンパっちゃって、自分でも、信じられないんですが」

「ご妊娠でしょう」

前回、お越しの時は、生理予定日を、3日ほど、過ぎておりました。

様子を見ましょうねと、お話していたところでした。

子宮内膜が薄い・高温期の中頃の黄体ホルモン値が、妊娠しやすい値から、かなり

低めでした。

子宮内膜を、育てることに、ポイントを、おき、

補腎・養血・血をつくること・活血です。

ご主人にも、精子力を、アップするものを、飲んで頂きました。

受精卵・じゅせいらんが、子宮内膜に、着床するとき、

子宮内膜と、受精卵が、お互いにレセプターを、だしあいます。

細かい血管の血流を、増やして、このレセプターの感度を、アップすること。

そして、お互いレセプターが、しっかり、かみ合って、着床を確かにすることが 

大切です。

受精卵の誕生・でも、これでは、医学的には、ご妊娠ではありません。

そして、着床する力を高めることが、この方には、おおきなポイントになると、

考えました。

うれしいですね。

おめでとうございます。

ありがとうございます。

二つの感謝・ご報告を、あがたさんに

できましたことにも、感謝です。

きょうは、薬科大学の 卒業式に出席して、まいりました。

薬学士の学位を授与されて、初めて、薬剤師国家試験にチャレンジする資格を、得ます。

薬剤師の卵たちです。

わたしの27年前を、思い出しました。

学長先生が、生涯勉強続ける必要性のある資格であり、

その仕事に、一生涯つけることは、幸せです。

と、おっしゃいました。

そのとおりです。

この仕事は、元気で、あれば、一生涯つづけられます。ありがたいことだと

おもいます。

先輩の方々にも、90才過ぎても、店頭で、健康のご指導をされておられる

かたも、います。

緊急医療は、医師の分野なら、健康指導・慢性疾患は、薬剤師の分野です。

本日、巣立っていった薬剤師のたまごたちの、未来に栄光が、ありますように。

そして、健やかな人生を、医療に携わる一薬剤師として、

おくれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月13日 | トップページ | 2007年3月16日 »