« 2007年2月27日 | トップページ | 2007年3月1日 »

佐保姫 さほひめ 春をはこぶ女神

こんにちわ

3月DMの、佐保姫のエッセイを載せます。

佐保姫は、平城京・へいじょうきょう・奈良の東にある佐保山・さほやまにお住みになる

春を運ぶ女神・春の祭神です。

特技は、染色と織物。

姫の母様は、名高い女王でした。

佐保姫の糸 そめかくる青柳・あおやぎを

   ふきなみだりそ 春の山風        平兼盛   平安時代中期の歌人

 ~佐保姫が染めて青柳に掛けた糸を春の山風よ

     ふき乱さないでおくれ  糸がもつれると 佐保姫がお困りになるだろうから~

佐保姫は、色とりどりの柔らかいお色がお好き。

春にたなびく霞・かすみは、姫様の衣の裾だそうです。

淡い桜のイメージは、佐保姫に、ぴったりです。

一方、この佐保姫は、炎の女性でもあります。

古事記・こじきの中で、最も、物語の要素が高いと、いわれる「佐保彦の乱」のヒロインです。

天皇の最愛の妃・きさきであり、その天皇に反逆した、兄佐保彦に殉じて、炎の中へ消えていった、悲劇の妃でもあります。

古事記に登場する佐保姫には、春のやさしいイメージはありません。

天皇に反逆した兄・佐保彦の元から、連れだそうとする兵士の前に、自ら、髪を剃り、

衣をひきさいだ格好で、立ちはだかります。

夫である天皇の妃への想いをも、受け入れず、兄・佐保彦と、ともに、炎の中へと、むかいました。

  御子は、天皇の兵士に託して。

この時代は、同じ母の兄妹の絆が強い時代だったそうです。

しかし、佐保姫・佐保彦の滅びを、境に、ヒメヒコ政権も、失われて、天皇中心国家へと、

時代は移って行きました。

  桜を散らす、春の嵐は、佐保姫の激情の嵐なのでしょうか

  今年は少し、早く、佐保姫の季節となりそうですね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3月DM 発送いたしました

こんにちわ

きょうは、2月最後の日ですね。

2月は、誕生月なので、いろいろな想いがある月と、なります。

今年の2月は、とても、いい月になりました。

ご妊娠のご報告、ご出産のご報告も、いただきました。

個人的には、冬の山形へ、初めて訪問しました。

いいところですね。

月山の威厳のある美しさを、目の前にして、言葉を失いました。

3月のDM 発送いたしました

今月の記事

*今日もさわやか元気通信  糖尿病・メタボリックシンドローム その5

*ウェルカムあかちゃん  日本不妊カウンセリング学会セミナーに参加して

*佐保姫 さほひめ 春をはこぶ女神

*そうだったの漢  肝を養って、ストレスに負けない体質作りをしましょう

*ぜったいヤセるゾっ 健康・スピードダイエット ウソみたいに手軽で、この結果です。

*「食」の悪化が病気を作る  日本食を見直そう 生活習慣病を防ぐ12の食品群

*全国的に大好評 認知症の予防に「シーアルパ100」 アルツハイマー病2

*身体の要 五臓へ100丸のいたわり

*3月 日水清心丸を「使ってよかった~」

*カラダも芽吹きの季節 コンクレバンを服用したお客様の声

*医薬健康ニュース「若年性アルツハイマー病」・

   脚光をあびるアレルギー改善の切り札

3月のイベント 

 会員様への特別プレゼントをご用意させていただいております。

 上記以外にも、「16種類雑穀米」国産原料をご用意させていただいております。

3月は弥生の月です。

卒業・別れの月であります。

皆様にとり、よりよい3月でございますこと、お祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月27日 | トップページ | 2007年3月1日 »