« 2007年2月23日 | トップページ | 2007年2月27日 »

不妊カウンセラーセミナーに参加しました

Imgp1484_1 24日・25日と、所属する日本不妊カウンセリング学会が、主催する「カウンセリングスキルアップセミナー」を、受講しました。

目的は、「不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター認定者、および認定希望者が、一同に集まり、日常的に経験する紙上事例を、使い、ロールプレイ演習によってカウンセリングの実際を学ぶことで、カウンセリングスキルの修得または、向上を、目指す」です。

24日は、6人グループ内での自己紹介がありました。

二人一組となり、3分間でお互いの自己紹介をします。

そして、今度は、他の4人に、自己紹介をうけたお相手を、これまた、3分間で、紹介します。

いざ、紹介させていただくと、むずかしいものです。

正確に、また、すこし自分の感想を加えての、3分間は、長く感じました。

聖路加国際病院女性総合診療部・生殖医療センター・佐藤孝道先生のご講義

医学的側面から見た不妊治療における 初回面接時の問診 それに必要な情報

クライアントの希望・考え・気持ち そして、生活環境を、知る重要性の講義でした

第一線で、ご活躍する佐藤先生のお話は、勉強になります。

カウンセリングの基礎知識と演習

 赤城恵子先生・あかぎけいこカウンセリングルーム

カウンセリングは自分を知ることから、その大切さを、お話くだしました。

赤城先生のお話は、毎回、こころうたれます。

ご経験からのおはなし。こころのこもったお話です。

25日は、6人チームで、ロールプレイで、お互いを、カウンセリングしあいました。

人物、年齢、カウンセリングの内容は、きめられていますが、

その設定された人物を、演じて相談するですが。

6人6様のとらえ方があり、参考になりました。

皆様のご相談を、受け、自己向上させたいという希望が以前から、

もっておりましたが、今回、セミナーを受けることができ、よかったです。

自分に不足しているところが、客観的にわかりました。

また、24日の夜は、中医婦人科で学ぶ先生方との、再会ができました。

先生方からパワーをもらい、楽しいかたらいでした。

充実した二日間でした。

一緒に参加していた仲間が、私と同級生に見られてしまった

そんなに、自分はふけているのかと、大変悩み、落ち込んでおりました。

その落ち込みに、わたしは、慰めの言葉もありませんでした。

つっこむ余裕も、ない、落ち込みでした。

その悩みに、わたしは、どのように、傾聴・確認・共感すればよいのでしょうか?

 傾聴・けいちょう  自分の意見や価値観を挟まないで、そのまま聴くこと

 確認・かくにん   受け止めたことを確認し、相手の要望をうけとめる

 共感・きょうかん  相手の立場をわかった上で寄り添うことImgp1488

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月23日 | トップページ | 2007年2月27日 »