« 2006年10月19日 | トップページ | 2006年11月1日 »

大人のためのコンサート♪♪

22日 大人のためのコンサートに参加しました。

演奏者29名その応援者で、会場は熱気に包まれて、いました。

ことしで、2度目の参加となります。

前回は35年ぶりのピアノの発表会でした。

たぶん、その場に揃われた方の3分の2以上のおひとは、まだ、うまれていなかったときのおはなしです。

さて、今回14歳、40過ぎで、2回チャレンジして、挫折した曲

ショパンワルツ  14番にちょうせんしました。

イメージの速さ、軽やかさが表現できずに、反省することがおおいかなぁ

日頃の指のレッスンが大切と、つくづくかんじました。

先生からの最後のアドバイス、

演奏会の、2,3日前からは、速度を落として、ゆっくりと、音を確かめて、

当日は、3時間前から、ウォーミングアップのつもりで、少しずつ、速くしてとのこと

前日、レッスン時間がとれないので、ついつい、速度をはやめてしまいましたら、

左手首が痛くなりました。

まさか、この程度で、、、、痛くなるとは、

これは、完全に日頃の練習不足です。

そこで、サメミロンのスプレーを手首に塗布したところ、痛みもとれました。

緊張感から来る、指の血行障害にとても、効きます。

当日は、演奏を待つまで、このサメミロンで、指の血行をよくして、

日水清心丸で、気持ちを落ち着けて、気力をアップさせ、最後まで、どうにか、

たどりつきました。

14番を、ご存じ方ならおわかりになるでしょうが、この14番、最後は、技巧が難しくなり

指がついて行けなくなり、登山にたとえると、山頂が見えるところで、足が動かない状態にになるのです。

無事にたどり着いたのも、サメミロンマッサージ+日水清心丸のおかげです

ありがとうね

途中で、アトラクションがあり、くじにも、交通事故にもあたったことのないわたしが、

初めてといって、いいほど、 大当たり、ケーキ券をゲットしました。

参加者は、初めてピアノを始めた方、私のような再開組と、いろいろですが、

みなさん、ピアノを楽しまれているかたばかり。

ショパンの雨だれを弾かれた男性は、お孫さんがはじめられたのを、きっかけに

ご自分も、はじめられたそうです。

毎日、最低一時間、お休みの日には、2,3時間のレッスン

すごいですね、昨年に比べると、また、上達されのが、私にもはっきりわかりました。

近々、スタインウェイのピアノの試弾会にも、参加されるとのこと

とても、うれしそうでした。そのお顔がまた、生き生きして、とても、すてきでした。

14歳のとき、一週間で、ある程度まで、弾きこなす

そのことが、クリアできなかったわたしは、その後、父の転勤に伴う関東への転校、

そして、高校受験で、ピアノともしばらく、距離を、置きました。

再開した40過ぎのときには、半年この曲・14番に向かいましたが、挫折しました。

そして、今、50歳近くとなり、どうにか、弾くことができました。

これも、ご指導いただいた先生のおかげと、

アドバイスいただいた、かじやんさんのおかげです。

かじやんさん 、いつも、ありがとう。

かじやんの14番には、届きませんが、わたしなりの14番になりました。

14歳でできなかったことが、この年でできた

うれしいです。

みなさん、ほんとうにありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月19日 | トップページ | 2006年11月1日 »