« 2006年8月1日 | トップページ | 2006年8月19日 »

ウエルカム 赤ちゃん 大河ドラマ

2008年、大河ドラマの作品が発表された

宮尾登美子氏の 天璋院篤姫  てんしょういんあつひめ

いま、宮尾さんの作品、蔵・櫂をよみおえたところ、なので、

うれしいしらせだった。

宮尾さんの作品に出てくる女性には、凛とした美しさがある。

上村先生の序の舞のイメージだ。

天璋院篤姫 1836~1883

徳川13代将軍、家定の正室である。

ご実家は、島津家の分家

倒幕の頭、薩摩藩からのお輿入れであった。

江戸城の無血開城には、徳川の人間として、敵方実家・島津家 薩摩藩

西郷隆盛と、対決する。

天璋院の働きがなければ、江戸は火の海となっていたであろうといわれる。

明治維新後は、島津家にもどることもせずに、田安徳川家のために生きた。

最期の所持金は、小銭にしかなかったという。

篤姫の14さいから48さいまでを、若手女優が演じるという。

キャスティングは、これから

岡本綾さん?

安達祐実さん?

宮崎あおいちゃん?

黒木瞳さんでも、いいなぁ

2007年 大河ドラマは風林火山

主役の山本勘助は、内野聖陽さん

彼の舞台はよくみにいきました。

一人の名前で劇場を満員御礼にできる数少ない舞台俳優です。

朝ドラのふたりっこのとき、

このひと、必ず、大河の主役とるからねと、騒いでいたんです

きまった今だから、すきなこといえるけれどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月1日 | トップページ | 2006年8月19日 »